お金に関する不安・不明点を解消します。

エスコート・エフピー

ブログ

2019.12.13 

ブログ

既に子どもがいるなら、まず考えたい教育費のこと


高齢出産世帯を応援するFP森夏江です。





パパ・ママが高齢(大体アラフォー世代くらい~)でお子さんに恵まれた





ご家庭のお金事情に詳しいファイナンシャルプランナーです。





高齢で子宝に恵まれる幸せは私も経験しています。
しかし!その代わりに人生の収支が崖っぷちになりがちなのも、ある一面の事実です。
ファイナンシャルプランナーの立場からそんなお困りごとにお気付きでない方へのメッセージや
お困りごとに遭遇しないためのヒントをブログにしたためています。









子どもがいるなら教育費をまず意識してみましょう♪






例えば国立大学の教育費はこの30年間で約6倍になりました。
うちの子は優秀だから、全部国公立でも大丈夫!と思っていても
うちの子は優秀だから、マ・パパの現役時代よりも教育費は高騰している実態があります。






しかも!大学新卒の給与はこの30年間横ばいです・・・。
子どもが既にいるのに教育費の準備は特にしていない方は要注意ですよ‼
子ども時代に奨学金制度を利用したママ・パパはわが子も奨学金制度を利用して、<br>進学すればいいと考えがちですが、<br>今の現役世代にとって、大学費用を全額、奨学金で負担することは
将来の大きな負担になります。





実際FPをしていると、夫婦共に奨学金の返済を抱えているご夫婦の場合<br> 自宅取得費用の足かせに奨学金返済費用がなることが、とても多いです。





教育費全額を負担出来なくても、ある程度は親も負担してあげないとかなり厳しいのが<br> 現在の教育費の実態です。





では、教育費はどのように準備すれば良いのでしょうか?





次回はそんなことを書いていきたいと思います。
///////////////////////////////////////////////////

高齢出産世帯を応援するFP 森夏江
///////////////////////////////////////////////////